作成から確認や編集、そして承認までをデスクで行なう

面倒な紙資料でのやり取りを無くす

作成した書類を印刷して次の業務の人へ、という必要はもうありません。クラウドで資料を共有しデスクで仕事の受け渡しまでを行ないましょう。

クラウドで業務の受け渡し

メンズ

確認業務が時間を使う

作成した文書を承認を印刷し部内の方に確認してもらい、修正箇所があればまた修正する。このように、作成した文書の確認作業は大変です。

もし確認が簡略化できれば

しかし、文書の確認までのステップを無くして、お互いのデスク上で確認して受け渡しまで行なえるようになれば、業務のフロー簡略化が容易ですよね。

クラウドを使った文書管理

作成文書の受け渡しから、確認後の承認や修正点を伝えることを、クラウドを使用した文書管理システムでは行なうことができます。

デスクで保存文書の閲覧

クラウドに保存された文書は、同じくアカウント登録を行なっている利用者全員が共有できる状態になります。もちろん閲覧制限を付けることもできるので、業務関係者以外が編集できないような設定にもできます。

共同の編集を行なうことも

クラウド上に保存した文書を、編集権限を持つ人が編集することができます。共同作業が可能なのでさらに業務の効率化を図ることができるでしょう。